木質ペレットが 今注目されています。

私たちの地球にとって大切な森や環境を守るために、木質バイオマスを用いた再生可能なエネルギーの利用が今注目されています。「木質ペレット」もその一つです。
化石燃料の代わりに、木質ペレットを燃料とするストーブや、さまさまな分野の熱源に用いるためのボイラーの導入が増えています。
  木質ペレットの特徴
原料は、再生可能な資源

木質ペレットの原料は、森林の育成過程で生じる間伐材や林地残材、製材工場などから発生する樹皮、のこ屑、端材などです。これらを取り扱いやすい燃料に加工したものが木質ペレットです。
環境に優しいクリーンなエネルギー
(カーボンニュートラル)
間伐材などを利用することにより、森の再生を手助けすることができます。また、木質ペレットを燃やすときに出る二酸化炭素は、樹木のときに吸収した二酸化炭素だけですから、化石燃料のように大気中の二酸化炭素を増加させることもありません。
着火性に優れ、取り扱いは容易
小さな円筒状に成形加工されていますから、運搬や取り扱いが容易ですし、乾いていますので着火性にも優れています。
他の木質燃料に比べて発熱量が大きい
円筒状に加工するとき、圧縮されていますので、チップやのこ屑をそのまま燃やすより大きな発熱量が得られます。
  木質バイオマスは、ペレットの大切な資源です。

今、ゴミを減らすこと、ゴミをできるだけ資源として使うことが、世界的な課題になっています。
樹皮やのこ屑などの木質バイオマスは、そのまま捨ててしまえば廃棄物ですが
木質ペレットの原料として利用すれぱ新たな価値を生みだす資源となります。

 木質バイオマスエネルギー  木質ペレット
木材からのバイオマスが「木質バイオマス」です。光合成で作られる木質バイオマスは、木の生長時にCO2をたくさん木の中に蓄積している、生きたエネルギー源です。

木質バイオマスは、主に樹木の伐採や造材で発生した小径木や枝など、製材時に発生した樹皮や鉋宵、街路樹や樹木の勇定枝などです。ほとんどが間伐材や捨てている木、木の皮などを使っています。間伐することで、森林は元気になります。また、昔ながらの木炭や薪も、木質バイオマスです。
林地残材・工場端材・林業の副産物からも木材チップ・ブリケット・木質ペレットなどが作られています。
◆ペレットとは英語で「小粒」、「小弾丸」を意味します。木質ペレットは、木を細かく粉々に砕いて乾燥して圧縮形成した固形燃料で、一般的には直径6~10mm、長さ10~25mmの円筒形です。

北欧のスウェーデン、フィンランド、デンマークなどが利用の先進地になっています。木質ペレットはペレットストーブで燃やせる「木質バイオマス」です。
発生する熱量は18,000~20,100kj/hで、木の部位で灰分の含有率と使い勝手が違ってきます。
ペレット専用ストーブ、ボイラー
木質ペレットを燃料とするストーブやボイラーが、各地で次々と導入されています。
使いはじめた人からは、「炎が優しく、ゆらめく炎を見ていると癒される」「心地よい暖かさが続く」と、ペレットストーブのある暮らしに満足している様子が伝わってきます。


ペレットストーブは、小中学校や公共施設、一般家庭や別荘・ログハウスの暖房に使われています。

ペレットストーブには、自動着火、温度調節、ペレットの自動供給などの工夫がされていますので、使いやすさは石油やガス暖房機器と変わりません。
国産のペレットストーブやペレットボイラーが開発され、導入が進んでいます。
BPS-901Z(山本製作所)ペチカ禅 H880×W570×D520 重量110kg
直接送風燃焼式・強制排気形・強制対流形
暖房の目安:木造19畳 、コンクリート30畳
BPS-901(山本製作所)ペチカ H880×W570×D520 重量75kg
直接送風燃焼式・強制排気形・強制対流形
暖房の目安:木造19畳 、コンクリート30畳
PS-1903(山本製作所)Woodyウッディ H900×W870×D470 重量57kg
直接送風燃焼式・強制排気形・自然対流形
暖房の目安:木造36畳 、コンクリート57畳
FFP-811DF(サンポット)業務用 H1430×W490×D511 重量90kg
強制給排気形(FF式)・強制対流形
暖房の目安:木造21畳 、コンクリート33畳
FFP-471DF(サンポット)家庭用 H950×W580×D530 重量78kg
強制給排気形(FF式)・強制対流形
暖房の目安:木造12畳 、コンクリート20畳
VEL926(金子農機)ペレチカ H770×W666×D613 重量70kg
強制給排気形(FF式)・強制対流形
暖房の目安:木造22畳 、コンクリート36畳
 ペレットボイラーの設置で地域のエネルギー資源が生きかえります。
ペレットボイラーは、保養施設やレクリエーション施設における暖房用や冷房用として、また、温水プール、農園芸用ハウスの保温、木材工場の乾燥施設などで利用が広がっています。
エネルギー源としての木質ペレットは、主に、ボイラーが設置されている地域にある木材工場の残材や間伐材などが使われています
◆お問い合わせ先 環境事業部 ペレット課 / 管理部技術開発室 /建材事業部製造部
copyright(c) All Rights Reserved. by IWAKURA CORPORATION ご利用に関して個人情報の取り扱いお問い合わせ