グリーン購入法(国等における環境物品等の調達に関する法律)における特定調達品目(資材)になりました。
イワクラホモゲンパワーベースは、建築用に開発されたパーティクルボードです。
メラミン・尿素共縮合樹脂を使った製品がポピュラーなMタイプ。
そして自信をもってお勧めする、フェノール樹脂又は同等品を使った高度な耐水性が自慢のPタイプ。
日曜大工の材料から体育館の床下地材まで、幅広くご利用頂けます。

 
 パワーベースはこんな点が優れています。
剛性に富み、せん断耐力、釘側面抵抗に優れているので地震などに強い壁・床構成面が得られます。
遮音性(床衝撃音遮断性能、防音性)が良く、階上の音が階下に伝わりにくい床が得られます。
板厚は40mmまで、厚い板を使うことでたわみを少なく、歩行しやすい床になります。
断熱性に優れているので、住み心地の良い空間が得られます。
腐朽菌、シロアリに対してヒノキと同等の抵抗力を発揮します。
 パワーベースは、このようなたくさんの用途にご利用いただけます。
●在来工法・2×4工法などの一般木造住宅の床下地
●体育館・集会場・オフィスなどの床下地
●置床 (各種工法に対応)
●野地板
●2×4工法の耐力壁面材(壁倍率12mmP200タイプ3.0)
●在来工法の耐力壁面材(壁倍率12mmP200タイプ2.5)
●床暖房用基材
 
 パワーベースは、次のような認定指定を受けています。
1. 日本工業規格 JIS A5908 普通パーティクルボード許可第7233号
2. 建設省告示第1100号:木造住宅耐力壁認定材料(壁倍率2.5)
3. 建設省告示第1017号:枠組壁(2×4)工法住宅壁認定材料(壁倍率3.0)
4. 住宅金融公庫融資住宅「木造住宅工事共通仕様書」:耐力壁(壁倍率2.5)床下地・野地坂標準材料
5. 住宅金融公庫融資住宅「枠組壁工法住宅工事共通仕様書」耐力壁(壁倍率3.0)、床下地張り、屋根下地張り標準材料
6. 住宅金融公庫融資住宅「簡易耐火構造住宅工事共通仕様書」床下地、野地板標準材料
7. 昭和54年9月13日建設省築住指発第49号:木造下地土塗壁同等構造通則指定材料(外壁)
8. 通産省告示第191号:省エネルギー製品
9. 優良道産推奨品
  パワーベースの種類と寸法 接着剤による区分
M タイプ メラミン尿素共縮合樹脂接着剤を使用し、70℃温水に2時間浸漬後、1時間常温水にて冷却した、ボードの曲げ強さ残存率が50%以上のもの。標準的なタイプです。
P タイプ フェノール樹脂又は同等品の接着剤を使用し、沸騰水中で2時間煮沸後、1時間常温水にて冷却した、ボードの曲げ強度の耐水性を有するタイプです。
 曲げ強さによる区分
13タイプ 曲げ強さ13N/mm2以上
18タイプ 曲げ強さ18N/mm2(最大1830mm×3660mm)
 寸   法
厚   さ 12、15、18、20、25、30、40mm
寸   法 標準910mm×1820mm(最大1830mm×3660mm)
◆お問い合わせ先  建材事業部 営業部 (北海道・仙台・東京・静岡・名古屋・大阪) 
copyright(c) All Rights Reserved. by IWAKURA CORPORATION ご利用に関して個人情報の取り扱いお問い合わせ